【貴船の川床】笑顔のおもてなしが飛んで来る「貴船茶屋」さん

京都の夏と言えば貴船の「川床」

貴船と高雄では「かわどこ」と呼びます。ちなみに、鴨川の川床は「ゆか」もしくは「かわゆか」と呼びます。
先日、COMPASSの従業員で貴船の川床に行ってきました。
女性陣は浴衣をぱりっと?着ています。帯の苦しさにため息をつくのも、慣れない正座で足が痺れるのもいとおかし、です。

浴衣を着ていざ出陣

うだるような暑さで有名な京都ですが、ここ貴船の川床は市街地よりも10度ほど涼しく、6月には蛍が舞うことでも知られています。
「夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。」
清少納言さんも枕草子で夏のことを褒めまくりですね。まるで貴船のことをうたっているかのよう。

美味しいお料理の数々

日中の貴船もまたいとおかしです。今回は「貴船茶屋」さんにおじゃまさせていただきました。
川のせせらぎを眺めながらのんびりと頂く美味しいお料理、あ、我々は花より団子です。

簾の屋根や提灯も素敵です川の上に座っているなんて不思議です

実は貴船茶屋さんですが、2018年9月の台風21号の被害で全壊してしまったそうです。家族や従業員が絶望に暮れる中、皆さんでなんとか踏ん張って、踏ん張って踏ん張って、2年4か月ぶりの今年1月に見事復活を遂げられたそう。「あんな経験をしたからコロナでお客さんが減ったって全然大丈夫!営業できるだけで幸せ!!」と気丈に話す若女将の言葉に、なんだか涙がこぼれそうになりました。
私も頑張らないと。飛び切りの笑顔で、手がちぎれんばかりのお見送り

お食事が終わった後は、こぼれんばかりの元気な笑顔で、腕をぶんぶん振ってのお見送り。笑顔のロケットが2発飛んでくる感じです。

楽しい時間と美味しいお料理、ご馳走さまでした。
コロナが落ち着いたらまた来たいなぁ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

山とお酒と温泉とにゃんこが大好きです。尊敬する人は登山家の中島健郎さんとイモトアヤコさん。好きな食べ物はお刺身、辛いもの、20世紀梨、桃、イチジク。苦手な食べ物はわさび、あくの強い山菜、納豆。長所はなんでしょう。これと決めたら猪突猛進なところかな。短所は人見知りをするので仲良くなるのに少しお時間いただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる