紫陽花を見るなら梅雨の今こそ美しい宇治の三室戸寺へ!

京都はもう梅雨入りしています。じめじめです。雨が多くてべたっとして、お出かけするにはあまり気分が乗りませんよね。でも、今しか見ることのできない美しい景色もあります。その1つが宇治市の三室戸寺You Tube)。初夏のつつじ、梅雨のあじさい、初夏のはす、秋の紅葉が美しい「花の寺」として知られています。また、某新聞社のアンケートで「あじさいの名所」全国ランキング3位にランクインするほどあじさいで有名なお寺なんですよ。 一万株もある中には、自然とハート形になったあじさいもあります。それを捜し歩くのも、宝探しをしているようで楽しいですね。

『和気あいあい』『家族』『団欒』などの花言葉を持つあじさい。これは、小さな花が集まって咲いているようにみえることが由来と言われています。COMPASSにぴったりな花言葉ですね♪

あじさい園は7月11日まで。例年より10日ほど色づきが早く、より色鮮やかなあじさいを楽しみたいなら6月中旬頃までがおすすめです。6月中~下旬頃からは蓮の花も見頃の時期を迎え始めるので一緒に楽しむのもおすすめですよ。

あじさい園の開園
期間:2021年6月1日~7月11日
時間:8時30分~16時30分 (16時30分までに下山)
拝観料:大人800円 小人400円

あじさい園ライトアップ
期間:2021年6月12日~6月27日の土・日曜日のみ
時間:19時~21時(20時30分受付終了) 拝観料:大人800円 小人400円

皆さん、虫よけをお忘れなく!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

山とお酒と温泉とにゃんこが大好きです。尊敬する人は登山家の中島健郎さんとイモトアヤコさん。好きな食べ物はお刺身、辛いもの、20世紀梨、桃、イチジク。苦手な食べ物はわさび、あくの強い山菜、納豆。長所はなんでしょう。これと決めたら猪突猛進なところかな。短所は人見知りをするので仲良くなるのに少しお時間いただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる